模型/飛行機

2011年2月20日 (日)

隼(旧オオタキ48)-15

オオタキ1/48隼2型後期後型完成です。

パーツ数も少なく、機体はすぐに形にはなりましたが、そこからが大変でした。
一部合いの悪いところと、個々の部品はほぼ全て整形が必要でした。

マーキングは64戦隊の矢印ですが、仮想ですので参考にはなりません。
墨入れは動翼部分のみ、ウォッシング等は行っていません。
墨を入れるとせっかくの機体のリベットラインが目立たなくなってしまいそうです。

Osc032

正面
カウルの合いは良好です。
接着しなくても、ちゃんと擦りあわせをしておけば、キッチリはまります。
ただし、カウルフラップはかなり削り込まないと段差が生じます。
アンテナ支柱は、キットの位置は上側に寄っていますので、変更しています。

Osc033

側面
機体側面の日の丸は一寸小さかったようです。

Osc034

後背面
隼の特徴が際立つアングルですね。
翼前端が一直線に伸びて、後ろの線が前向きになっており。
胴体が長く見えます。

Osc035

以上で、隼編終了でございます。
さぁて、次は何でしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

隼(旧オオタキ48)-14

風防周りを仕上げました。
風防は、キットのものを磨いて使いました。
枠のモールドが、内側にありますので、外側はガリガリ磨くことが出来ます。
機体とのフィッティングは、絶望的です。
機体側にセロハンテープを張って、風防を仮止めし、隙間を瞬間パテで埋めて型を取ってから一度はずして整形しました。

照準器は、HUDを透明プラで追加したのみです。

Osc030

あと、小物の工作を進めておきます。
脚カバーがとても分厚くて、修正するより作り直したほうが早いと思いましたので、
0.5mmのプラで作り直しました。
それと、ホイルの外側の凹みが深かったので、丸く切り抜いたプラでカバーを作りました。

光ってしまいました。

Osc031

あと少しです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

隼(旧オオタキ48)-13

最近、少し暖かくなってきたかなと思っていましたが。
予報では、また寒さが戻るとのこと。
まだ、2月上旬だもの、別に不思議なことでは無いか。

少し前に、地元のプラネタリウムにいきました。
年明けより、はやぶさ(探査機)の番組を上映しています。
ここのプラネタリウムのドームは、大きさで世界最大だそうです。
大きくて、迫力のある映像でしたが、首も大きく振らないと全体を見渡せないのが一寸難点。

さぁ、こちらのハヤブサは。
ここのところ、調子よく手が進んでいます。
今日は、国籍マーク。
マスクを作って、いつもの11136でミートボールを塗装しました。

Osc029

俄然、日本機になりました。
さて、尾翼の矢印は何色にしようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

隼(旧オオタキ48)-12

マーキングは、64戦隊の矢印ですが、フィクションですので、参考にはなりません。
引き渡し直後は、このような状態だったかも、と、想像を膨らませてます。

Osc028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

隼(旧オオタキ48)-11

現在、製作モチベーションがハイレベルな状態です。
少し前は、枯渇していたのに、不思議。
工程の中盤は、所謂、中だるみ状態に陥りやすいのかな?わたくし。

動翼部分まで塗装しました。
このキットのフラップやラダーは、キャンバス表現が無く、機体と同様のつるぺた表面です。
削って、表情をつけるのは手間だったので、お手軽に塗装でそれらしくしてみました。

Osc026

Osc027

覚書
 下地 8:銀
 下塗り 128:灰緑色 8程度
        8:銀    2程度
      薄めに塗装
 上塗り 影表現
      128:灰緑色 5程度
        8:銀    1程度
      (下塗りの残りでOK)
      101:スモークグレー 4程度
      これも薄めに
 等間隔に線を引いたゲージに沿って、影を塗装
 全体に吹き付けて、調子を整える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

隼(旧オオタキ48)-10

1月は、行ってしまいました。
2月は、逃げると言いますが、何とか今月中に完成させたい。

しかし、いまだに銀色と格闘中です。

Osc025

のっぺり単調だったので、パネルを塗装しました。
中央部は、ダークアイアンを軽く乗せてます。
パネルラインは、黒鉄色をかなり薄めた色を乗せました。

ひとまずこれで乾燥させて、一度軽くクリアーを乗せます。
その後、動翼部や防眩塗装に行く予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

隼(旧オオタキ48)-09

今日も寒かったですが、たまに日が出ていましたので、外に洗濯物を干していました。
暫くすると、洗濯物は糊付けしたように凍っていました・・・。
Σ(゚д゚;)

隼です。
まずは、下地を作りました。

Osc023

白黒ぱんだのようです。

つぎに、銀塗装。

Osc024

下地を変えていても、銀を濃くすると、殆ど同じになってしまい、加減が難しい上に、やり直しが出来ない塗り方でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

隼(旧オオタキ48)-08

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今日は、朝起きると外が真っ白。
予報どおり、雪になりました、冬真っ盛りです。

さてさて、暫くぶりの隼です。

機体色が銀色の塗装にしたいと思いますので、下地を作ります。

龍驤の艦載機で下地を黒にすると、ピカピカになったので、今回は白を基本に下地を作ります。

Osc022

純白だと、明るすぎるような気がしましたので、No69のグランプリホワイトです。
白ブサになりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

隼(旧オオタキ48)-07

happy merry Christmas!

あと少しで終わりますが、皆様今年もよいクリスマスでしたでしょうか?
私は、今週月曜日より酷い風邪で寝込んでおりました。
年々回復が遅くなってきているように感じます。歳かなぁ。

さて、隼ですが、やっと士の字になりますた。
ちょっと太めですが、なかなかセクシーなプロポーションです。

Osc018

水平尾翼の取り付けは慎重にしましたが、接合部の合いはそれなりなので、パテ埋めしてます。
隙間がフィレットと翼の境になるので、整形後にすじ彫りをしています。
機体側のフィレットもヒケがあり目立っていたので、一緒に処置しました。
至る所にヒケがありますので、見落とさないようにチェックが必要で、見つけたら即処理です。

Osc019

前回修正した、腹部分の段差ですがフラップのモールドの位置が少々違っているので、埋めて彫り直しました。
フラップから続くV字の溝も、実機には多分無いので埋めました。

Osc021

翼に付く、キットの懸吊架ですがタンク用よりは、タ弾の弾架の形状に近いようです。
取り付けようにも、翼面とのフィッティングが絶望的に悪い・・・どうしようか。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

隼(旧オオタキ48)-06

寒さが厳しくなりましたね。
昨日は、ふたご座流星群を見ていたのですが、寒さで早々に終了しました。
それでも、6個ほど見ることが出来ました。

本日より、BlogModelersのロゴを貼らせていただきました。

隼です。
ずっと、整形を続けていて盛っては削りの繰り返しです。

脚収納庫の前のラインが少々凹みすぎているようなので、修正しました。
また、後ろ側の翼と胴体の接合部で大きなズレがありますので、ココも修正しました。

Osc016

フィレット部は後ろで大きなズレが出来ましたので、削って自然なラインにしました。

Osc017

かなり削ったので、モールドをたくさん再生しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧